スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

貢献賞

あとで読む第10回人財育成勉強会で,事例として「貢献賞」をご紹介いただきました.従業員のモチベーションを引き出すのに大変良い事例だと思い,当日欠席された方や,このブログを読んでおられる方と「貢献賞」の考え方をシェアしたいと思います.この事例を自社に適用・応用された方とぜひ情報を交換したいと思います.

中国の会社・工場では「罰金制度」を導入しているところを,多く見かけます.日系企業も多少の抵抗感を持ちながらも,従業員にルールを守らせるために導入しておられるところが多いと思います.

つばを吐いたら罰金,などという「しつけ」的要素のものから,不良を作ったり見逃した作業員,検査員に罰金をするものまで,いろいろ聞いたことがあります.

しかし「罰金制度」はモチベーションを上げることはありません.罰金されるのがいやでルールを守るかもしれませんが,罰金により反省するよりは,「運が悪かった」と考える人のほうが多いのではないでしょうか.
我々もスピード違反で捕まった時「運が悪かった」としか考えません.もちろん次は捕まらないように気をつけますが,レーダーセンサを取り付けるなど,見つからない工夫をするのがオチです.

従業員のモチベーションを上げるという観点で考えると,「罰と恐怖」による罰金制度はメリットを見出せません.

勉強会メンバーが自社工場に導入している「貢献賞制度」は,罰金制度とはまったく逆の考え方です.
「貢献」といっても,特別なものを要求しているのではなく,単にルールを守る,休まずに出社をすると言うことだけです.

一ヶ月間ルールを破らず,休まずに出社すると80元の「貢献賞」がもらえます.
それを三ヶ月続けると「貢献賞」は160元になる.
更に三ヶ月続けると「貢献賞」は200元になる.
それ以降貢献賞を続けてもらっていれば,毎月200元ずつもらえる.しかし一度でもルールを破ったり,休んだりすると,貢献賞はゼロとなり,また初め(80元)から始めなければなりません.

この様な制度の下では,従業員は喜んでルールを守ろうとします.仕事を通して貢献しようという,本当の意味のモチベーションではないかもしれませんが,少なくともモチベーションを落とさずにルールを守らせることが出来ます.

この制度では毎月200元もらっている従業員は,休暇を取ってしまうと,当月の200元がゼロになり三ヶ月は120元,次の三ヶ月は40元の収入減になります.トータルで680元です.従ってムダに休暇を取らなくなる.
有給休暇も取らなくなってしまうそうです.従業員は有給休暇の買取も喜んで放棄します.

逆の見方をすれば,一回ルール違反をする・一日休暇を取ることにより,680元減収になるので,ある意味罰金制度と同じことなのですが,従業員のモチベーションという意味ではまったく逆の効果があるはずです.


人財育成勉強会では,毎回こういうものすごいノウハウを普通に議論しています(笑)
ご興味がある方は,ぜひご参加下さい.

文責:林@クオリティマインド
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論

第十回人財育成勉強会の基礎知識として,用語解説をしておきます.
元ネタはweblioです.

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論
【英】:Herzberg's Motivation-Hygiene Theory


F.ハーズバーグによって提唱されたモチベーション理論。ハーズバーグは、仕事に対する満足をもたらす要因と不満をもたらす要因が異なることを示し、前者を動機づけ要因、後者を衛生要因と呼んだ。


動機づけ要因には、仕事の達成感、責任範囲の拡大、能力向上や自己成長、チャレンジングな仕事などが挙げられる。
衛生要因には、会社の方針、管理方法、労働環境、作業条件(金銭・時間・身分)などが挙げられる。

動機づけ要因を与えることにより、満足を高め、モチベーションを向上させることができる。一方、衛生要因に対して手を打つことにより、不満は解消されるが、そのことが満足感やモチベーションを高めるとは限らない。


文責:林@クオリティマインド
人気ブログランキングへ

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

モチベーション

第十回人財育成勉強会の基礎知識として,用語解説をしておきます.
元ネタはweblioです.

モチベーション
【英】:motivation


目標に向けて行動を喚起する心理的エネルギー、行動を促す動機。俗にいう「やる気」。

人は、他の経営資源と異なり、その貢献度合いがモチベーションに左右される。モチベーションは、個人の置かれた環境や内発的な欲求によって形成される。何を重視するかについては個人差があるが、企業は個人のモチベーションに対して間接的に影響を与えることができる。

モチベーションの代表的なものに、「金銭的動機」「社会的動機」「自己実現動機」がある。
金銭的動機は、生活に必要な金銭を得たいという最も一般的・根本的なものだ。社会的動機は、一定の価値観を共有できる集団(組織)の中で社会生活を営み、その中で注目や評価を受け、権力を得たいという欲求から生じる。自己実現動機は、自己を成長させたい、社会的使命感を満たしたいという欲求から生じる。


文責:林@クオリティマインド
人気ブログランキングへ

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

リーダのためのQC手帳

2月の「人財育成勉強会」でちょっとご紹介した「リーダーのためのQC手帳」が思いのほか好評でした.
これはあるクライアント様の現場の品質意識を向上させるために,現場リーダのために作ってみたものです.

こういうものを外から持ってくるのではなく,自分たちの力で作り上げるのが効果的だと考えています.
作り上げる過程で,リーダたちが自分の仕事に真剣に向き合うことになる.そこからいろいろな気付きや成長があるはずです.また自分たちで作り上げた小冊子には愛着も誇りもあります.

ご参考に,目次をご紹介しておきます.


リーダのためのQC手帳
【品質意識編】
品質目標
働く意義
品質第一の心
仕事の優先順位

【実務編】
リーダの役割
1日の仕事
休暇前
休暇後
異常時
コミュニケーション
作業指導の仕方
【手法編】
QC七つ道具
5S
4M変動管理
5ゲン主義
ナゼナゼ5回
ホウレンソウ
ムダ取り改善
不具合再発防止対策


この様な項目を,自社の経営ポリシー,品質ポリシー,作業内容に合わせてアレンジすればよいと思います.
QC手帳制作の過程で,現場リーダが自社の経営ポリシー,品質ポリシーの理解をより深めることになります.そしてその次のステップで,現場リーダたちが作業員たちを正しく指導できるようになる.

とはいえ,初めてQC手帳を作るときにはちょっと苦労します.
ご興味がある方はご相談下さい.お手伝いいたします.


文責:林@クオリティマインド
人気ブログランキングへ

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

やる気を出させる4つのスイッチ

よく勉強会の中で,従業員のモチベーションを上げる方法について話題が挙がります.
先日たまたま幼児教育で有名な横峯吉文氏のこんな文章を見つけました.

子供をやる気にさせる4つのスイッチ

  • 子供達は競争することが好き
  • 子供は真似したがる
  • 子供はちょっとだけ難しいことをやりたがる
  • 子供は認められたがる

これって私達が直面している問題に応用できそうですね.

文責:林@クオリティマインド
人気ブログランキングへ

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

ご来場者数
プロフィール

human.create

Author:human.create
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。